ブログはその瞬間を記録する

ここ最近ブログを二回更新した。今になってあとから見てみると、2記事とも文体が固いなあと感じた。(「頭の中をすっきりさせるブログの書き方」と「「謙虚」やめました」のこと)

そのときは、書きやすいように書いてそうなった。けれど、今読み直すと、自分が書いたものなのに読みやすくない気がする。

書いていたときには、「これでいい」と思ったはずなのだが。なぜ。

考えること、感じることは、たった数日後でも微妙に変わるものなのだなあと思った。

ブログをあとからリライトするか否か

人気ブロガーは、昔の記事も積極的にリライトするものらしい。

わたしも見習って同じようにしなくてはと思っていた。けれど、一度も実行できたことはない。じつはやりたいと思ったことがない(笑。

たしかに、情報記事やノウハウなどは、状況の変化に応じて内容を新しくしたり、人気に応じて編集したりすることで、ブログのアクセスアップにつなげられるらしい。リライトの目的や意義は理解できる。

ただ、今。自分のブログは、日々感じたことを、自分自身との対話として記録するものという方向に収束しつつある。

昨日までの記事を読んで、たとえば文体が固くて読みにくいといった改善ポイントをあとから思いついたとしても、過去は過去。

そのときの自分はそういうものだったとして残しておきたい。

その日のブログは、その瞬間にしか書けないものなのだろうと思う。そうした自分自身の変化がブログに残されているのも面白いのではと思う。

それが、他の人から見て違いがあるのか、同様に面白いと思ってもらえるのかはわからないけれど。

スポンサーリンク
BASE

まとめ

当ブログは、今のところ、日々の自己対話を記録する媒体としてやっていくつもり。過去に遡って修正はしないという方針を改めて決定。

くわえて、これからはもう少しやわらかい文章を書くようにしたいと思った。

スポンサーリンク
BASE