オリジナルマンガを制作するブログ企画でネーム大賞応募を狙うよ!

さて。昨日の投稿(「ブログを続けるための迷わないしくみづくり」)で考案した、ブログの連載企画をさっそく始めたいと思います。

企画第一弾は「オリジナルマンガを描く」です。

わたしは、こどものときからずっとマンガが好きで、今でも二次創作でパロディマンガを描いたりしていますが、ずっと自分のオリジナル作品も描きたい、と思っていました。

そこで、ブログの企画として「オリジナルマンガを描く」工程を連載することで、自分を鼓舞しつつ作業しようというのが狙いです。

それに、たぶん、どうやってマンガって描くんだろうというメイキングを見たい人もいるんじゃないかと。

スポンサーリンク
BASE

まずは目標設定「ネーム大賞に応募する」

「オリジナルマンガを描く」だけだと、いつまでにどういうものを描くのかがわからないので目標を設定することにしました。

それは「マンガonウェブ」の「ネーム大賞」に応募すること。
mangaonweb.com

「ネーム」とは何かというと、マンガの下書きというか設計図みたいなものです。映画でいうと絵コンテにあたる感じでしょうか。(ネームに関しては、別記事で詳しく説明しています→マンガの「ネーム」とはなにか?【ブログ企画】「ネーム大賞」に応募するプロジェクト(1)

マンガを描くという工程は、大雑把に言うと

  1. 話を考える
  2. ネームを描く
  3. ネームに基づいて原稿を描く

ということになりますが

この「ネーム大賞」のすごいところは、マンガとして完成原稿でなくてもいい、ネーム状態で応募できるというところです。おかげで制作時間的には1/3くらいでできるんじゃないかと思います。

マンガって、読むのは一瞬なわりに、制作に大変時間がかかるので、これはものすごくありがたい。

そもそも今までなかなか描き上がらなかった理由とは

冒頭に書いたように「ずっとマンガを描きたかった」なら、「なぜ今までたいして描いていないのか」といえば。

まず。

締め切りがないから。

好きな時に好きなようにやってもいいよーというのは、自由で素晴らしいのですが、ある程度「ぜったいこの日までにやらなければ」という縛りがないと、「まあいいや」「明日にしよう」と、伸ばしがちになってしまうのです。

意志が弱いわたしでした。

あとは、最初からうまく描けるわけもないので、せっかく苦労して描いても、自分で「いまいち」「下手くそだなあ」「思ってたのと違う」となって、やる気がなくなったりしてしまってました。つまり、もう一つの理由は

最初から自分への要求水準が高すぎ!

でした。

しかし、この「ネーム大賞」ならば。

まず、「締め切りがある」

そして、ネームで応募できるということは「絵としての完成度は低くても大丈夫」ということです。

わたしがマンガを仕上げられない理由の「締め切り」「クオリティ」のどちらに対しても都合がいいのです。

次に越えるべきハードル

そんなすばらしい「ネーム大賞」ですが、これですら今までは、締め切りの強制力が弱いというところがネックで仕上がりませんでした。

そこで。

  1. すでに昔考えてあった話をネームにしてみる(新しく案だし〜まとめをする労力を削減)
  2. ブログの企画として発足させることで、締め切りの強制力を高める。

ということにしてみました。

これで、できあがったらいいなあ。

スポンサーリンク
BASE