自己否定のやめ方について書くための制作メモ

こんばんは!永理です。 最近、楽しく生きてます! 楽しく生きるコツは、一言で言うと「自己否定」をやめることでしょうか。 うん。そのことは、おいおい書いていこうと思ってたけど。なんか閃いたから今書く。 やめるのができない人は、「どうやってやめるんだよ!」と思うけど、できたあとだと「ただやめるだけだよ」てなるんだよね。噛み合わない。 そういえば、「やめるだけ」とか「決めるだけ」と、できてる人がいうのを聞いて、いつもムキー!てなってたんだった。 どうやってできるようになったか、言語化して残しておかなければ! 幸い(?)まだ、変化の渦中だから、まだ書けることはあるはず。そして、これは今ここでしか書けないことだわ! ところで、いまどうしようかなーと思ってるのは、今やってることの辞め方なんだけども。 だって、今までずっとやって来たことって、やめる決心がなかなかつかないじゃないですか。 あー。 これって要するにお片づけってことだ。 ということは、お片づけのやり方と同じ方法でやればいいのかもしれん。まず、同じ種類のことを一箇所に集めて、ひとつひとつ丁寧に見極める。 うむ。 あ、そうか。自己否定のやめ方も似てるのかも。 全体的に「やめよう」てことじゃなく、もっと個別に、たとえばなにか自己否定する気分の時に、そのつどその時の思考パターンや感情の励起するパターンを検証して、「この場合はこうしよう」と、丁寧にひとつずつ対処することだったかも。 何度もやっていくと、自分の中で同じパターンが見えてきて、やりやすく早くなる。 ラフに思い出すと。 感情が生まれた時、それ自体を否定するダメパターン。 また、感情には常に合理的な理由があるという思い込みがあった。そう、それは思い込みだったと思う。 その思い込みがあると、原因となる事象を無理に特定しようとしてしまう。そして、それを問題視して解決しようとするから、いちいちめんどうくさくなる。 これ、やっぱり別記事にしたほうがよさそう。でも忘れるから、メモしとく。 明日は、お片づけのレッスンです。 まだ苦手やわ〜。 苦手でもなんでもできる子になろう!と脈絡ない感じで終わる。