Header Banner Image

RECENT ARTICLES

自分の「好き」を阻害する思い込みを捨てた話

自分の「好き」を阻害する思い込みを捨てた話

ブログを毎日書くようになってから、ふつうに暮らしている中で「あ、これブログに書こう」みたいに思う事が増えました。 でも、問題は、いざノートブックを開いてブログを書こうとしたときに、思いついていた事を一切覚えていないことです!(笑 まあ、今そ...Read More
自己表現することへの恐怖に対峙した話

自己表現することへの恐怖に対峙した話

ここ数日、好き勝手にブログを書いてみて感じたこと、それは「好きにする」ということに慣れていないな、ということ。 「いや、うそやん、かなり好き勝手に生きてるやん。」 と、思った人もいるかもしれませんし、そんなふうに見えている部分が、はたからは...Read More
何がしたいかよくわからないからブログをやってみようとしている人へ〜セルフセラピー的ブログのすすめ

何がしたいかよくわからないからブログをやってみようとしている人へ〜セルフセラピー的ブログのすすめ

何のためにブログを書くのかについて、最近うだうだと考えてきて、もしかしてずっと読んでくれた人は「何を同じような事をずっと言っているのか」と思われたかもしれません。 これは、何のためにしていたかというと、これからやっていこうとすることにむけて...Read More
ブログで稼ぎたい系ブロガーの神経を逆なでするかもしれない話

ブログで稼ぎたい系ブロガーの神経を逆なでするかもしれない話

肌寒い気候になりましたねー。そろそろ裸足だと冷えるかなあ。こんにちは、永理です。 なんか、「ブログに好きな事をかくぞー」というと、「稼ぐ事を目的としないならいいんじゃない」とかいう声がちらほら聞こえてきます。 たしかに、わたしは稼げようが稼...Read More
わたしがヒップホップダンスを始めたきっかけ

わたしがヒップホップダンスを始めたきっかけ

今日は、超久々にHIPHOPダンスのレッスンに行ってきました。こんばんは。永理です。 去年からダンスを始めていたのですが、腰を痛めたり、原稿の〆切に追われていたり、その他もろもろの理由により、半年以上休んでいて、やっと復活できました。 はー...Read More
ブログの方向性を再確認してすっきりした話

ブログの方向性を再確認してすっきりした話

永理です。 さっきSNSのウォールに流れていた知らない人のブログを読んでいた。子育てのことなどを発信している女性起業家らしい。面白かったのでいくつか記事を読んでいたら、「あー、そういうことか」と発見したことがあったので、書きます。 読まれる...Read More
脳内のエラープログラムを駆除する断捨離中

脳内のエラープログラムを駆除する断捨離中

昨日は、昔のトラウマをがっつり書いてしまい、読者が引くかと心配しましたが、自分も同様の体験があるとか、自身の子育てのときに親として感じていたことなどのコメントをfacebookでたくさんいただき、自分一人では気がつかなかった観点から新しく過...Read More
ブログ毎日更新にチャレンジ〜目標達成のための汎用的な方法論〜

ブログ毎日更新にチャレンジ〜目標達成のための汎用的な方法論〜

こんにちは!永理です。 昨日のブログ塾の宿題で、今日から2週間毎日ブログを更新するチャレンジをします。 これまでは、気分が乗った時以外、マイペースに不定期で更新してきました。が、この機会にブログ定期更新を習慣にしたい所存。 忙しくてもできる...Read More
「ダメな自分」という宗教から脱したときの思考の流れ

「ダメな自分」という宗教から脱したときの思考の流れ

おはよーございます。こんばんは。永理です。朝に書きはじめたのに、ちょっとずつ考えながら書き加えたりしてるうちに、もう夜です。 さて、最近「好きを仕事にする」というテーマを真面目に考え中なのです。 そうしたら。 自分自身を全否定するメンタリテ...Read More
恐怖心が大きいとやりたいことが見えなくなる話

恐怖心が大きいとやりたいことが見えなくなる話

ブログを毎日更新しはじめたけれど、じわじわ遅れて日付またいじゃった。永理です。おはよー。 根本的に自分に対して「だめだ」「無理」って思っている自己否定的世界観をすてようとしてるところですが、長年無意識にそうだと思い込んでいて、日常的な思考回...Read More
目を背けていたところをちゃんとみようと思った話

目を背けていたところをちゃんとみようと思った話

先週から「夢を叶えるブログ術」ということで、自分は何になりたいのか、夢について考えている。 そして、6〜7月の、自分を表現するための歌のレッスンを受ける中で、ふと「わたしは、自分でないものになろうとしていたんだ」と気がついたことを思い出した...Read More