上達を妨げる思い込みを外す〜自分に好きな年齢を設定しよう

こんにちは!永理です! 先週末は、金土と、来訪者を東京案内したり、日曜日は午前と午後でべつのセミナーを受けたりして、しかも帰ってからご飯も作ったし、俺がんばった! で、ぐったりでした。 そんなこんなで、せっかくの連続ブログ更新記録が、ちょっと途切れてしまったというか、昨日中に投稿するのが間に合わなかったけど、日付を変えて翌日に投稿しちゃうよ! さて、わたしは三ヶ月前から、ボイストレーニングをやってるんですよ。 家で練習するときはsmule(sing)というスマホのカラオケアプリを使ったりしてるんですけど、このアプリは歌ったらそれがそのまま録音されるんですよね。(保存せず消しても良い) で、ふと気づいたら数ヶ月前より、ちょっとましになってるかなーって。思いました。 それで驚いた。 そして、驚いたことにも驚いた。 というのはですね。もちろん、「歌がうまくなりたい」と思うからこそ、ボイストレーニングをはじめたわけなのですが、こころの奥底では「自分がうまくなるわけない」という信念があったことに気がついたのでした。 もう年だしな。 いまからうまくならんやろ。 そんな風に内心思ってたみたいです。 こわ! ていうか、そんな思い込みいらんくない? せっかく習ってるのに。 むだむだむだーー!! どうしてもさ。年を取っていくにつれ、諸々衰えていくのが当たり前、みたいな概念てあるじゃないですか。実際に老化は逃れられない真実なわけだし。 それにあらがう?という概念をこころから信じるのはなかなか難しい。 とはいえ、「俺はここから落ちていくしかないんだ」と思いながら歌わなくてもいいじゃないですか。 年齢なんか、ただの数字なのに! ものすごく縛られている!! というわけでですね。たとえば、じゃあ自分が何歳だったら、これからもっとうまくなって発展していけると信じられるのかな?って考えてみたんですね。 じゃじゃん。 ずばり。 19歳。 ななななないんてぃーん!! 19歳なら、絵も歌もこの後どんどん上手くなって行けそうな気がするー!! というわけで。 歌うときは、自分の記憶から「19歳だったときの身体感覚」などなどを、よびさまして、19歳のつもりで練習することにした。 われながら冴えてる! と思ったけど、どうかな。ただのあほな思いつきかしら。あはは。