僕はヒーローにはなれなかった

あっ、だめだ! 出かけてたらまたブログ更新が遅くなったよ。 連続更新って、大変だ。 ともあれ。今日もまた新しい思い込みを発見しました。

頑張らないと死ぬ病

わたしね。なんでも、「全力でやらないといけない」と思ってたのね。なんでだろうね。 それは、マンガの主人公がみんな死ぬほど頑張ってるからかな?(とくに少年マンガ系) まあ、「常に全力を尽くす」というのは良いことに聞こえるじゃないですか。なので、今までそこにはあまり疑問を持った事がなかったんですよ。 でも、ふと問題に気がついた。 「全力ださないといけない」と思ってるから、「全力でできなかった」ときに「だからだめだ」と自己否定に走ってしまうんだよ。 でも、全力疾走でフルマラソンは走れないよ。 いや、マラソン選手は、わたしの短距離全力疾走より早いタイムで42.195kmを走ってると思うけどさ。 その人それぞれのペースがあるのだから、マラソンをするなら、全行程を走りきれるようペース配分をして走らないとだめなわけじゃないですか。

がんばり度の基準がおかしいんだ

ごくたまに〆切前に死ぬ思いで徹夜して、ひいひい言いながらやったりすると「やったぜ!」って思うんだけども。 それ以外は、なんか日々「あー、今日もぬるかったなー」とか思ってしまってた。でも、それはちょっと違うね? そんなの毎日続けられないし、無理に続けると早死にするじゃん。それでもいいって言うなら別だけど。 わたしなんかは、毎回〆切後には「もう二度とこんなことはするまい」と、深く心に誓ったりしてたのに。 頑張り度合の基準を〆切直前の全力疾走に置いてしまっていたから、それ以外の日々が「がんばってないなー」という評価になっていた。

必然的に自己否定を生み出す価値観

「死ぬほどがんばらないと自分を認めない」「限界まで追い込まないと許さない」みたいな価値観があった。 そうすると、人生の大部分の時間を「ああ、だめだ」と思って過ごさざるをえない。 どんなドSか。 そもそも、そんな火事場の馬鹿力を基準にしてはいけなかったんじゃないか。そう。 毎日ジョギングするかのごとく、できる範囲で軽く走ることを続けるんだ。そうすれば、いつしか長距離でも早いペースで走れるようになる。 はず。 まあ、マンガの主人公はつねに、全力で限界を突破していくんだけどね。 かっこいいわ。 だけど、僕はヒーローになれなくてもよかったのかもしれない。