なんとかやり遂げた年賀状〜自分との約束を守る

正月も三日が過ぎましたけれど、やっと年賀状だしましたよ!!

あっ! 正確には、住所録などに不備があってまだ送れてないのが後から見つかったので、まだ完遂してはいないのですが。

と、とりあえず! 「やったよ!兼さん!」(by 堀川国広)

そしてブログも更新。。。終わる前に日付が変わったけど、寝る前に投稿した分は、毎日投稿に含めることにする。

自分に甘く!

1日で年賀状を送るために

んで。1日で年賀状を送るためにやったこと。

1.可能な限り委任する

最近は、印刷から宛名書きまでやってくれるというサービスがいろいろある。郵便局もその種のサービスをやってるので、それを使った。ウェブポ

数年前から、おともだちの岡野純さんが使ってるのを見てから真似して使ってみてる。

2.イラストの簡略化

わたしは、絵を描くのが自分的本業なので、気合い入れた絵を描こうとしてドツボにはまるということが多々ある。

そこで、もう気合いを入れるのはやめて、ちゃらっと描ける絵で出すことにした。

Sc01

こんなんを描こうとしてたけど、時間かかるからやめて

Sc02

こんなんにした。(挨拶の文言は、人によって変えてたり同じだったり)

家の人には、下の方が好評やった。

んー。自分ではちょっと評価しづらいわ。

とりあえず「出すことに意義がある」ということにする。

※ おまけに

これは、わたし個人の年賀状なので。家の人のも作ってあげた。

こちらは、ウェブポの素敵なデザインの中から、適当に選んで、送る人を選んで、、、とやってたら、15分くらいで送れた!!

ばかな!!

やー。まじか。

ありがちかもしれないけど、さんざんうだうだして、なかなかできなくて、重い腰を上げてやってみたら、実はあっという間に終わるっていうね。

笑っちゃうよね。

ぐだぐだせずさっさとやるべきよね。

総括

そして。

わたしの年賀状は、一応ショボくても自分でイラストを描いているので、これでも多少は試行錯誤もあって、三時間くらいはかかっている。

だが15分で、できあいのデザインから選んだだけの家人のと比べて、どっちがかっこいいかというと。。。。うーん。。。。

そのテンプレートのデザインはデザイナーが三時間以上かけて作ったのかもしれないが(知らないけど)。

まあ。結局「自分らしさ」が大事ですよね!?

しかし、はたして、この年賀状はわたしらしいのか。否か。

ともあれ、一応自分できめたことは何とかやり遂げたので、とりあえずよかった!

ホメよう。我を。

よくやった! 二年ぶりの快挙である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください