ソハヤノツルキゲットだぜー!セイヤッ!!

めずしくテンション高い感じのタイトルですが、これは何かというとオンラインゲーム「刀剣乱舞」の話ですよ。ハイ。

年末から正月にかけて「連隊戦」というイベントがあって、隊列を組んで敵と戦うわけですが、実際のところは、チクチククリックするだけの簡単なお仕事。

とはいえ、難易度「超難」で8回戦ったあとにもらえるご褒美が「御歳魂(おとしだま?)」三百数十個。

それを期日までに十万個ためなくてはならない!

いや「ならない」ことはないんだけど、ためた暁には、あたらしい刀剣男士「大包平」がもらえるので、これはなんとしてもためなくてはと思っているわけで。

によって、毎日コツコツクリックしつづけています。

そして折り返し地点の五万をためたところで、最近の刀剣男士「ソハヤノツルキ」をゲット! うぇーい!うれしい!!

ソハヤ

と、喜んでいたのもつかのま、心にもやっとするものがありました。

それは。

罪悪感。

スポンサーリンク
BASE

ゲーム=悪という価値基準

なんかね。

心の中に、「ゲームはくだらない」「遊んでばかりいてはいけない」「生産性が低い」「何も生み出していない」「お前は、価値が低い人間だ」という負の感情が渦巻きました。

ひいい。

でも。

べつに、ゲームくらいやってもいいよな?

そして。

なんでゲームをしたからって、なんかすごい悪事を働いたみたいに、すまない気持ちにならないといけないんだろうか。

べつに楽しく遊んで、「あー楽しかった」で終わってもいいんじゃないだろうか。

意味わかんない。

俺いみわかんない!!!

楽しいこと=悪。仕事=いやなこと

どうやら「楽しい」と思ってはいけない。楽しいことは悪いことだという変なマイルールがあったみたいです。

そんなルールを内包したままで、「仕事を楽しもう」としたってできるわけないんだよね。

仕事自体が楽しくないんじゃなくて、「楽しいこと=悪」という、変な思い込みのせいなんじゃ。

さらに、「仕事=いやなこと」というルールもありました。

そんな考えで生きてたら、働いても不幸だし、遊んでも不幸だし。どうやっても不幸にしかならない!

こわいよ。

価値基準の断捨離

やめやめ!!

そんな変な考えは捨てよう、いますぐにだ!!

なんか、毎日捨てるものばっかりだよ。

今更だけど、なんとか気づいてよかったということにしよう。

セイヤっ!!

大倶利伽羅風に気合を入れて終わります。

スポンサーリンク
BASE